BRM102が終わったあと月も変わらぬうちに次のブルベに出走。
とは言っても一月近く経っているのであまり忙しい感じはしない。
今回は枚方から和歌山県の白崎まで行って帰ってくるという300kmのコースだ。
大阪を縦断する都市型ブルベである。
もうブルベに初めて出走してから5年目になるのだが、都市部を走り抜けるコースはこれが初めてだったりする。
前の週にほぼ同じコースで行われた200kmブルベがあったのだが、出走した人たちの声を聞いているとトンでもない高難易度コースらしい。
ヤバい。
不安になってきた。

不安のせいか緊張のせいか前日はうまく睡眠を取れずにスタート地点へ。
ブリーフィングと車検を受けてスタート!
今日は天気もよく暖かい。
それなのにエントリーの半分近くがDNSした模様だ。
残った出走する人たちのうちさらに半数は前回の200km経験者の模様。
ううーん、分不相応なブルベに出ちゃったのではないだろうか。
怖すぎる。

走り出して30分もすれば都市型ブルベの恐ろしさが分かってきた。
信号が多すぎるのだ。
せっかくの平坦区間なのにこれでは貯金が貯まらない。
同じトレインで走っている人達からイライラオーラが伝わってくる。
ここは焦らずマイペースで行くが吉だ。
足止めの多い区間は早い人と遅い人の差がつきにくい。
ここで焦っても体力を消耗するだけなので、ダメでも仕方ないや~ぐらいの気持ちでのんびり進むことにする。

最初の通過チェックを過ぎるとアップダウンが混じり始める。
しかし、信号がなくなるかというとそんな事はない。
信号峠と坂道のダブルパンチである。
ぐええ…しかし焦らないでマイペースだ。
がんばらないで進むぞ。

途中、例の塔が見えてくる。
実は生で見るのはこれが初めてである。
想像してたよりずっとデカい!
漫画やゲームなら絶対悪いやつが住んでいる形だよなあ。
最上階へ行く途中に中ボスが5人ぐらい居るのだ。
お約束なので間違いない。

PC1に到着。
朝ごはんをモリッと補給。
ついでにトイレを借りて軽量化に成功。
ここからは次のPCまで90kmもある長丁場だ。

それにしても走りづらい。
信号だけでも大変なのだが、通勤時間帯になると自動車の量が物凄く増えてきたせいだ。
渋滞である。
どんどん酷くなって、とうとう日根野の手前あたりの細い道に自動車が詰まって身動き取れなくなった。
うう、どんどん時間が浪費されていくうぅぅ。

県境の山岳を超えて和歌山へ。
和歌山についたら信号はマシになるかと思ったがやはり街は街。
大阪ほどでは無いにせよ、それなりに信号はあるのだった。
ぜ、ぜんぜん楽にならない!

須佐神社を抜けて瀬戸内海へ!
一気に目の前が開ける感覚は気持ちいい!
景色は最高だ。
ここまでくれば信号もない。
わずかな距離だが貯金を稼ぐぞ!
……と思ったのだが、めちゃくちゃキツいアップダウンが待っていた。
なんだこのコース、信号峠と峠しかないやんけ!
泣きながら海沿いの10%を何度も登る。
しかもギザギザの海岸線と切り立った岸壁のせいか強い風があちこちの方向から吹き付けてきた。
ひええ…。

折り返しの白崎へ到着。
ここまで来て身にしみて解った。
間違いなく正月の400kmよりしんどい。
150km進んでいるというのに貯金があまり無い。
焦らないつもりで居たのにちょっと焦ってきた。

往路は写真を撮ったりして余裕があったのだが、復路はそんな事をしているヒマがなかった。
なんとかかんとかPC3に着くもやはり時間に余裕がない。
かと言って完走の望みは十分に繋げる時間でもある。
こんなに辛い目にあって完走できなかったら勿体無いじゃないか。
がんばらないという自分の信条を曲げてがんばるしかない!

そこからは信号が青になると同時にシグナルダッシュ。
そして次の信号で止められるという繰り返し。
正直、焦ったのは失敗だった。
都市部の信号峠では急いでもそれほど時間の差は生まれない。
自分で分かっていたはずなのに焦りに負けてしまった。
脚を使い果たした私はがんばってるつもりでもヘロヘロ速度しか出せなくなっていた。
もしかしたら自分のペースを守ってゆっくり走ったほうが速かったかもしれない。
最初は「マイペースで行くぞー。間に合わなくてもその時はその時」なんて考えていたのにこのザマだ。

結局、ボロボロになりながらクローズ40分前にゴール。
疲れた。
そして反省点の多いブルベでもあった。
正直、都市ブルベは経験値がほとんどないのでどう攻略するのが良いのかまだ良くわからない。
稼ぐべきところで貯金を稼ぐべきなのか。
それとも何時ものように一定のペースを刻んで疲れないように走るのが良いのか。
ちょうどすぐに枚方ブルベ400kmのエントリーが始まるのでそれに出て確かめてみようと思う。


About the author

自転車を始めてからすっかりポタリング中毒になり、最近はブルベにまで手を出すように・・・。Kitaguchi

6 Comments

  • ねれいど より:

    お疲れ様ー
    いやぁこっちはこっちで大変・・・だったね。
    しかしまぁ、ホントなんでこんなコース達を走らないといけないんだ。
    近江八幡や福山ブルベのようなのばかりなら良いのに!

  • Kitaguchi Kitaguchi より:

    普段は楽なコースばっかり選んでるので良いパンチ貰った感じですw
    同じルートの200kmでの阿鼻叫喚を聞いてたので身構えてたのにこれですからねぇ。
    正直、膝の痛みに耐えて走った高松400kmの方が楽でした。
    次の枚方400も楽はさせて貰えそうにないですが、せめて天候には恵まれて欲しいところ。

  • のんびりブルベライダー(T森) より:

    高松400の出走時に声をかけさせていただいたものです。
    西明石のソーシャルバイクフィット繋がりです。
    ゴールお疲れ様でした。
    実は私はBRM121枚方200を走りました。
    私も初めての都市型ブルベだったのであせりました。
    折り返しの和歌山城に到着したときには6時間がたとうとしていました。
    本当に時間内ゴールが出来るのかと焦って飛ばして帰りました。
    リザルトを見て納得しました。かなり難易度が高いコースだったこととDNFの多さにビックリでした。
    本当にゴールお疲れ様でした。
    あともしご都合がつくならば是非今週末の小豆島ライドに参加して下さい。
    お店からメール配信をお願いしました。
    またゆっくりブルベ談話をお願い致します。
     

  • Kitaguchi Kitaguchi より:

    お返事遅れて申し訳ありません!
    今回の枚方シリーズは全体的に難易度高めみたいですねえ。
    この300kmも半数近くがDNSだったようですし、200での惨状を知って出走を取りやめた人が多かったのではないでしょうか。
    獲得標高しか見てないと普通のコースですもんね。
    小豆島の方は松阪200が被ってしまって行けませんでした(;´Д`)
    また行きたいなあ小豆島…。

  • のんびりブルベライダー より:

    次は枚方400で会えそうですね〜\(^o^)/
    楽しみにしています。
    また暖かくなってから色々と計画していきますので是非参加して下さい。

  • Kitaguchi Kitaguchi より:

    ありがとうございます。
    予定が合えば是非参加したいと思います。
    枚方で会いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。