朝の8時過ぎにこだま荘を出発。
さむい!
早朝とは言えない時間だが、やっぱり山間になるとこの季節の朝は冷えるようだ。
はやく身体よ温まれと念じながらペダルを踏む。

161113-01

10kmほど進んで出石に到着。
9時から開いている花水木本店に入って皿そばを頼むことにした。
出石とくれば出石皿そば。
食わぬわけにはいくまい。
しかも丁度今年の新そばである。
とても美味しく10皿をペロリと平らげた。

161113-02

時間に余裕があったので出石城址を見学。
城脇にはお稲荷さんが建てられていた。
ずらりと並んだ赤い鳥居が美しい。
そういえば地元の三木城にもお稲荷さんがあったなあ。
あれは兵糧に困らないようにと建てられたものだったそうだが、これもきっとそうなのだろう。
三木城のやつは残念ながらご利益がなかったようだけど。

出石を出たら豊岡方面へ進行。
そのまま豊岡を抜けて最終目的地の城崎温泉へと向かう。
さくっと温泉を目指しても良かったのだが、道中にどうしても見ておきたい場所があったのでちょっと寄り道する。

161113-03

ここだ。
玄武洞である。
思ったよりもデカい!
ギザギザの柱状節理が岸壁一面に連なり、異世界感を演出している。
おおお、こりゃ凄い。
来てみて良かった。
玄武岩という岩の名称はここが由来になっているそうな。
ちなみに近くには玄武洞に比べると小さいが白虎洞や青龍洞という洞穴もあった。
そんなものがあるなんて今まで知らんかったよ。

161113-05

城崎温泉へ到着!
7つある外湯のうちの一つ『一の湯』に浸かってサッパリする。
城崎温泉の外湯はそれぞれ色んなご利益があり、『一の湯』は交通安全なのだそうだ。
こりゃ自転車乗りとしては外せないでしょ。
はぁ~、それにしても自転車の後の温泉サイコーだわぁ~。
この時間帯に他の客はほとんど居らず、ほぼ貸切状態であった。
料金も安くお風呂も立派でこれはリーズナブルだなあ。
他の有名温泉より断然いいぞ。

161113-06

お風呂のあとはビヤガーデン『GUBIGABU』で昼食兼打ち上げ。
ビールうめぇ!ソーセージうめぇ!
メニューにカニビールというのがあったので飲んでみたが普通にビールだった。
なんでカニなのか店員さんに聞いてみると、カニに合うように作られたからとの事。
なるほどなあ。

この後は電車で輪行。
偽さんとは姫路で別れ、それぞれ帰途についた。
今回のツーリングは私のプランだったが、何事もなく終わって良かった。
いつものブルベなんかだと波乱万丈な感じなので、ちょっと拍子抜けするぐらいである。
美味しいものと綺麗なものいっぱいで満足の二日間。
ねれさん、偽さん、お疲れ様でした!


About the author

自転車を始めてからすっかりポタリング中毒になり、最近はブルベにまで手を出すように・・・。Kitaguchi

4 Comments

  • 偽748R より:

    どうもお疲れ様でした。
    巡った場所も見所いっぱい、コース設定も絶妙でした。
    メシも美味かったし、出向いた甲斐があったというもんです。

    自分が設定すると何やらハードなレイアウトになりがちなので、そういう意味でも非常に参考になりました(汗
    ねれ氏も含め、やっぱり旅慣れしている人はそこいらの感覚が素晴らしいです。

  • Kitaguchi Kitaguchi より:

    お疲れ様でした~。
    蒜山大山もクリスタルラインも私の中では楽しい思い出として残ってますよ!
    ぐえぇー!って言いながら走るのも楽しいですしねw
    今回上手く行った事に味をしめて、またそのうち西日本でのツーリングを企画してみようかと思ってます。
    その時は是非また一緒してください。

  • ねれいど より:

    お疲れ様でした。
    計画から米の荷運びまで感謝。
    ほんと楽しい自転車旅でした。
    キツイのは走りきった時にはネタになるので、楽しい思い出になりますなw
    又3人でどっかいきましょー

  • Kitaguchi Kitaguchi より:

    お疲れ様でした!
    ブルベも良いけどマイペースで走れるツーリングはやっぱ楽しいですね。
    次は春に…とか話してましたけど、ブルベのスケジュールが過密でかなり怪しい感じにw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。