深北緑地にやってきた。
大阪府大東市にある公園である。
先日の鶴見緑地の記事と同日の夕方のこと。
同伴はマーカット氏。

公園の南西から入っていくと、寝屋川の支流が流れている。
この公園の水源のようだ。
大きなポンプ場があった。

公園の中ではじめに出会ったのはカイツブリ。

カイツブリ1

野鳥マメ知識 「カイツブリ」

雌雄同色。
夏羽では目の後ろが赤いが、冬羽では全体的に淡色になる。
潜水して小魚、虫などを食べる。
「キュル、キュリリ」と結構大きな声でなく。

小川に沿って深野池にやってきた。
ここにはコブハクチョウの夫婦がいた。
警戒心があんまりないのか、すぐ近くに寄ってきてくれた。

大ちゃん1

野鳥マメ知識 「コブハクチョウ」

雌雄同色。文字通りくちばしの上部にコブのある白鳥。
(ただし、幼鳥にはほとんどない)
飼育されていたものが野生化、繁殖したものがほとんどで
野生渡来のものがどれだけいるかはっきりわかっていない。

後で調べてみると、彼らにはちゃんと名前がついていて
「大ちゃん(オス)」「愛ちゃん(メス)」というらしい。
近寄ってきたのは大ちゃんの方かな?
とても穏やかな顔をしている。
時々水面に頭をもぐらせて餌を探している。

大ちゃん2

羽が水をはじいているのがよく見えた。

大ちゃん3

水もしたたるなんとやら、だ。

池の中央の茂みでは、おそらく愛ちゃんの方が巣作りの真っ最中。

愛ちゃん

くちばしで枯れ草なんかを集めている。
その近くではアイガモたちがガアガアと井戸端会議中。

井戸端会議

若夫婦の近所の「おしゃべりおばさん感」がものすごい。
なんにせよ仲良さそうで、とても和む光景だった。

大ちゃんたちに別れをつげて、公園をぶらっと一周する。

深北公園には「ロケット広場」、「恐竜広場」、「とりで広場」
という遊具のあるエリアが3箇所ある。
親子連れがいる。平和な光景だ。
誰もいなけりゃ、ちょっとぐらい遊んで行くんだけど、今日は無理だ。
30代後半の男がよその子供たちに割り込んで
童心に帰ってはしゃぎまわって遊ぶことは
今の日本では不可能に近いもんな!

それはさておき、野良猫をみつけた。
猫は座って何かをみつめている。
その視線の先にはアオサギがいた。
まさか、あれを狙っているわけじゃないだろうな。

アオサギと猫1

しばらく様子を見ていたが、猫は一向に動かない。
試しに猫の背後からそーっと忍び寄ってみた。
全然動かない。
しかし寝ているわけでもない。
1メートルくらいまで近づいた時、ようやく顔をこちらに向けた。
が、別に警戒するでもなく、またアオサギの方を見つめなおした。
かなり大らかな性格のようだ。
最終的に猫の真後ろ15センチくらいまで近づいてシャッターを切った。

アオサギと猫2

池の魚を見ているアオサギを見る猫を見る人間。
食物連鎖のような視点。
猫の写真を撮るあやしい人間を、また別の生き物が見ていたかもしれない。

公園を出て、帰りに寄り道をした。
門真市にある世界的な模型メーカー、海洋堂の本社をちらっと見ていきたいのである。

海洋堂本社

本社というより、本社屋上を見たいのだ。

ティラノ

カッコイイ。さすが海洋堂、よくできてる。
近くに来たらつい見に来たくなってしまう。

トリケラ

一説によると、このおっそろしい恐竜の子孫が鳥になり
割と大型の恐竜にも羽毛が生えていた可能性があるらしい。
でも、この「爬虫類系」の怪獣っぽいのが格好いいティラノサウルスなんかには
あんまし羽毛のイメージは似会わないよなあ~、と個人的には思ったりする。

帰りに淀川の河川敷を走っていると、小さな鳥をみつけた。
ヒバリだ。

ヒバリ1

野鳥マメ知識 「ヒバリ」

雌雄同色。
オスは冠羽が長く、時々立てる。モヒカン。
「ビュル、ビュル」となく。

色や形からスズメっぽく見えることもあるが
泣き声がまったく違うし、冠羽を立てている時はシルエットでよくわかる。

ヒバリに限ったことではないが、
淀川の茂み近くを走っていると、
不意に鳥が飛び出てきて車輪の前を通過することが、結構な頻度である。
これはものすごくヒヤヒヤする。
お互いのためにも、深い茂みからはある程度の距離をあけて走った方が良いようだ。
気をつけよう。

ヒバリはしばらく歩き回った後、茂みの中に帰っていった。
もうそろそろ日も暮れる。
鳥たちは巣に帰る時間だ。
我々人間も、狭い我が家に帰宅することにした。

若夫婦の近所の「おしゃべりおばさん感」がものすごい。
なんにせよ仲良さそうで、とても和む光景だった。

大ちゃんたちに別れをつげて、公園をぶらっと一周する。

深北公園には「ロケット広場」、「恐竜広場」、「とりで広場」
という遊具のあるエリアが3箇所ある。
親子連れがいる。平和な光景だ。
誰もいなけりゃ、ちょっとぐらい遊んで行くんだけど、今日は無理だ。
30代後半の男がよその子供たちに割り込んで
童心に帰ってはしゃぎまわって遊ぶことは
今の日本では不可能に近いもんな!

それはさておき、野良猫をみつけた。
猫は座って何かをみつめている。
その視線の先にはアオサギがいた。
まさか、あれを狙っているわけじゃないだろうな。


About the author

クロスバイク暦10年目。マイペースに「ゆるポタ」継続中。 ポタマップ製作と野鳥撮影を楽しむ今日この頃。ODA

10 Comments

  • Kitaguchi Kitaguchi より:

    猫はあのデカいアオサギを食べようと思って狙ってるのか?
    ちょっと獲物が大きすぎないかw
    ネコ科の集中力って凄いよなあ
    周りが全く見えなくなる点については親近感を感じる・・・どっちかというと犬派だけど

  • ODA ODA より:

    さすがにあのサイズで食う気はないと思うけどな。
    もっと人間くさいというか、アオサギでなんか一句考えてるような感じがした。
    公園には味のある野良猫がたくさんいるから
    面白いやつが撮れたらどんどんあげていきたい。

    >周りが見えなくなる
    よく知ってるw

  • Kitaguchi Kitaguchi より:

    >なんか一句

    青鷺を 獲れぬ我が身の 小ささよ

    調べてみたら、鷺はどんな種類でも夏の季語らしい

  • 141 より:

    ODA氏→猫→アオサギ

    この食物連鎖写真、なかなか良いですな。
    実に面白い!
    激写しているODA氏の背後でマーカット氏が更に激写していたら、もっと良かったのに(笑)

    マーカット氏→ODA氏→猫→アオサギ

  • ODA ODA より:

    >一句
    これはなかなかお上手。
    俳句もはじめるか?さすがに早すぎるかw
    俳句はともかく、鳥にまつわる文化なんかも調べてみるのは楽しそうだな。
    いろいろ学んでいこうと思うよ。

    >激写
    後ろにいたのが141氏なら間違いなく撮られてた!危ない危ない。
    この写真、かなり無理な体勢で撮影したし
    「だるまさんが転んだ」的に猫までジリジリ近づいていったから
    随分おかしな姿だったと思う。
    後ろでマーカット氏はその状況を笑って見てたよw

  • Kohsuke Kohsuke より:

    鳥の表情もさることながら、水の質感!
    瞬間の切り取りがウマイ、スゴイ!
    猫って移り気だけど、獲物を狙う時は本当に獣だよ。
    それ以外の時は単なる居心地のいい場所を探すだけののんき者だけどね。

  • ODA ODA より:

    >瞬間の切り取り
    これは完全にまぐれ当たりってやつやw
    秋の日差しはすっきり明るくて撮りやすかった。
    その点では冬の写真はちょっと難しい気がする。

    可愛いだけじゃなくて、怖い顔とか、なんか考えてるようなところとか、
    野良猫の色んな部分を写していけたら面白いな。

  • 今富信一 より:

    写真お借りできませんか?

    やみポタ さま

    初めまして。今富と言います。

    唐突ですが、お願いがありまして、「深北緑地 探鳥 2012.09 カイツブリ コブハクチョウ ヒバリ」http://www.yamipota.com/archives/2822 に載っている海洋堂の屋上の恐竜像を紹介したいのですが、写真をダウンロードして使わせて頂けませんでしょうか?

    私は趣味で集めた恐竜のおもちゃを紹介するホームページをやっていますが、全国の「恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像」も紹介しています。

    恐竜おもちゃの博物館
    http://www.dinotoymuseum.com/
    恐竜と遊ぶ恐竜公園・恐竜像
    http://www.dinotoymuseum.com/link/link07.html

    公園などの紹介に写真をつけたく、写真を借りて恐竜部分を切り抜き使わせてもらおうと思っています。
    使わせて頂いた際はリンクを張らせて頂きます。ご検討お願いいたします。

    恐竜おもちゃの博物館
    今富信一
    si20021010@yahoo.co.jp

    • Kitaguchi Kitaguchi より:

      はじめまして!
      お返事遅れて申し訳ありません。
      記事を書いたオダに連絡を取りましたところ、何も問題はないとのことです。
      写真はどうぞご自由にお使いください。
      ホームページを拝見して、子供の頃バルサ材で出来た恐竜の骨格標本が欲しかった事を思い出しました!
      あれって今でも売ってるんでしょうか。

      • 今富信一 より:

        写真利用の承認ありがとうございます!
        使わせて頂きます。

        バルサの組み立て恐竜は、セリアなどの100円均一店でも時々見かけますよ。数種類売ってました。
        昔はずいぶんと高かった気がしますが、今や108円です。まあ108円なりなので、ボケッとしてると、 トゲが刺さったりしますが・・・。
        見かけたら、 全種類、大人買いしてください。

        ご協力ありがとうございました。
        著作者の方にもよろしくお伝えください。。

        恐竜おもちゃの博物館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。