頼んでいたオーバーホールとフレームの修理がやっと完了した。
さっそく板宿まで受け取りに行く。
フレームに出来ていたヒビ割れはトップチューブのヘッド部分近くに出来ていたらしい。
チューブの中に入っていた錆止めオイルが漏れていたので判明したとの事だ。
折れちゃう前に直せてホント良かった。
ヒビくらいなら溶接で埋められるクロモリフレームだったのも幸運だ。
カーボンだとこうは行かない。
溶接の際に塗装を落とさなければならないので再塗装してもらったが、そのついでにエンヴィのフォークもシルバーに塗ってもらった。
統一感アップで良い感じだ。

板宿から自宅までの20km余りを自走して帰るのは楽しみだった。
…のだが、いつも踏んでいるギアがやたらと重い。
まるまる一ヶ月乗っていなかったせいで脚が萎えてしまっている!
マズイなあ。
これはマズイ。
汗だくになったので舞子公園で休憩しながらスポドリを胃に流し込んだ。
毎日ちょっとずつ乗ってリハビリするしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.